Artistic Hawaii  アーティスティック・ハワイ

愛するハワイをイラストにしてみました。完全オリジナルです。

笑顔が溢れる町のコピー



楽園への扉


『コナ・ウインドの町』



№11


この町の過ごし方








たっぷりの日差しを

ゆったり楽しむ

それがこの町の

過ごし方




★★★★


ハワイ島カイルア・コナの町の風景です。




たっぷりの日差しを体中に受け

爽やかな貿易風を身体で感じながら

ホロホロしましょう。

大変な仕事も

頭を悩ますことも

今は忘れて

この町を楽しみましょう。



それが

この町の過ごし方。

コナ アリイドライブをホロホロのコピー




楽園への扉

『コナ・ウインドの町』


№10


誇り高き道






カイルアの町を貫く

アリイ・ドライブ

ハワイ諸島を統一した英雄

カメハメハの偉業を讃え

「王の道」という

名を冠された栄光の道



吹き抜ける風も

どこか誇り高く





★★★★



ハワイ島、カイルア・コナの海側を貫く道路を

アリイ・ドライブ(ALII DR)といいます。

ALIIとはハワイ語で「王」という意味です。

その王とは、皆さんご存知のカメハメハ、

ハワイ諸島を統一した大王です。



18世紀中ごろ、ある預言者の予言どおり大きな彗星が現れ、そして子供が生まれました。

預言者はこの子供が諸王を倒して支配者になる、と予言します。

それがそのカメハメハ。

子供は諸王から命を狙われますが、逞しく成長していきます。

そして14歳のとき、これを動かせたら天下が取れる、

と言い伝えられた3.5tもある巨石「ナハ・ストーン」を見事に持ち上げました。

それから彼はカリスマ性をひときわ光り輝かせ、天下取りに驀進します。



そして彼の運命を決定付けたのは、

キャプテン・クックとの出会い。

イギリスの大冒険家ジェームス・クックはレゾリューション号と

ディスカバリー号でハワイ諸島を発見しました。

ちなみにこの時彼はハワイを「サンドイッチ諸島」と名づけました。



若き日のカメハメハはクックの船を訪れ、近代的な武器の数々に興味を持ちます。

ハワイ諸島統一のためにはこの近代兵器が必要になる、と彼は気づいたのでした。

そして異国からの近代兵器と軍事顧問を得たカメハメハは

ついに天下統一を成し遂げることになります。



その彼の偉業を讃えて付けられたのが

アリイ・ドライブ。

まさに誇り高き道、ですね。






カメの公園のコピー



楽園への扉


『コナ・ウインドの町』


№9


スロー・ライフ





ゆっくり

生きてみようか



忘れていた何かを

思い出させてくれる時間が

ここにはある





★★★★


惜しみなく降り注ぐ太陽

通り過ぎる爽やかな貿易風

穏やかに繰り返す波の音

海沿いのベンチに腰をかけ

時が過ぎるのを忘れて

コナの町に溶け込むように

微睡んでみる。



ほんのひと時だけど

スロー・ライフを

満喫してみるのも

悪くないですね。



カヌーのコピー



楽園への扉


『コナ・ウインドの町』



№8


前へ!前へ!






もっと速く!

もっと強く!



コナの海に

男たちの声が響き渡る







★★★★


前へ!前へ!



茜色に染まる夕空に

コーチの声が響きわたります。



鍛え上げられた肉体が

それに応えるように

オールで水を掻きます。



水面にしぶきが上がり

ボートはぐいと前に飛び出す。



前へ!

前へ!

もはや彼らに迷いも戸惑いもありません。



茜色を写す水面には

遠ざかる彼らの力強い航跡が

ゆっくりとゆっくりと

広がっていくだけでした。

8、コナの昼寝のコピー


楽園への扉



『コナ・ウインドの町』


№7


潮騒のメロディを聴きながら







心地よい

潮騒のメロディを

聴きながら

しばしまどろむ

幸せな午後




★★★★


ハワイ島、カイルア・コナの海です。

目の前に見えるのは

カイルア湾です。



ごろんと横になって

潮騒を聴きながら

まどろんでいる男性がいました。



おだやかな午後のひと時を

何もしない時間で楽しむ。



聴こえるのは潮騒のメロディと

ヤシの葉のこすれ合うささやきだけ。



ある意味、最高の

時間の使い方ですね。


7、コナ グッドロケーションのコピー

楽園への扉




『コナ・ウインドの町』


№6


グッド・ロケーション






サングラスを突き抜け

降り注ぐ陽光



爽やかに走り抜ける

海からの風



日差しを忘れ

時間を忘れ

海をずっと見ていた





★★★★


ハワイ島、カイルア・コナの町にある、

ショッピング・モール

ウォーターフロント・ロウ近くの

ビーチです。

目の前に見えるのは

カイルア湾。



潮騒のさざめきを

いつまでも聞いていたい、

そう思わせる

グッド・ロケーションです。








5、コナ 教会のコピー



楽園への扉



『コナ・ウインドの町』



№5




静かなる尖塔







この町のシンボル

モクアイカウア教会

19世紀に建てられた

この見事な尖塔は

人々が織り成す

歴史の光と影を

見続けてきた

4、コナ アリイストリートにてのコピー

楽園への扉


『コナ・ウインドの町』

№4


サンシャイン・タウン









やがて見えてきた小さな港町

カイルア・コナ



惜しみなく降り注ぐ陽光と

爽やかな潮風に包まれた

コナ・ウインドの町







★★★★




コナ空港からレンタカーで

クィーン・カアフマヌHWYを駆け抜け

ハワイ島第二の町、

カイルア・コナの町に入ります。



左側にはおしゃれなショップ街、

右側は海という素晴らしい光景を楽しみながら

アリイ・ドライブという通りを

ゆっくりと進みます。









3、道しるべのコピー


楽園への扉



『コナ・ウインドの町』


№3



ミ チ シ ル ベ








この島を貫く大動脈

Queen Kaahumanu  high  way



ローカルFMを聴きながら

ハンドルを握れば

開け放ちの窓から入ってくるのは

爽やかなコナ・ウインド








★★★★



あなたにミチシルベはありますか?



あなたの人生の道しるべは

あなた自身にしか見えません。



皆さんは自分の人生に満足していますか?

私はというと、実は満足なんかしていません。

いろんな夢を思い描いていましたが、どれをとっても満足ではありません。

でも、今からでも決して遅くない。

夢の実現に年齢は関係ない、と思っています。

そして、今進んでいる道も決して間違いじゃない、と思います。

私の前に道はない、私のあとに道は出来る!

自信をもって前に進もうじゃありませんか!



きっと、人生のミチシルベは

自分で考え、自分で描くものなのです。




ってことで、ここは

ハワイ島の大動脈クイーン・カアフマヌ・ハイウェイです。


2、さあ、19号線を北上のコピー

楽園への扉



『コナ・ウインドの町』


№2


Big Island、Big Highway









ハワイ島

別名、Big Island



その名のとおり

大きなこの島には

広大な自然と

人々の暮らしが

ゴキゲンなバランスで

息づいている 




★★★★



ハワイ島の西海岸に位置する

風と光と海の町、

カイルア・コナを紹介しています。



カイルア・コナへ行くには

コナ国際空港からの場合、

このハワイ州道19号線

別名クィーン・カアフマヌ・ハイウェイを

南に走らなければなりません。



19号線はハイウェイです。

レンタカーを借りる場合、

時差ぼけで大変な時に

いきなり制限時速55マイル、

日本でいえば88km/hの

高速道路みたいな道路に放り込まれるのです。

しかも左ハンドル!

眠気も時差ぼけも一気に吹き飛んでしまいます(笑)



でも流れに乗ると、爽快の一言!

溶岩台地に横たわるこのハイウェイを走れば

左手にはフアラライ山がなだらかに広がり

右手にはブーゲンビリアの間から碧い海が見え隠れ。

道路は広いし、

これぞハワイ島!という雰囲気です。













↑このページのトップヘ